m3.com トップ > 臨床ニュース > 「黒板は片眼を閉じて…」病識ない異常をどう伝える【時流◆スマホ関連病】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「黒板は片眼を閉じて…」病識ない異常をどう伝える【時流◆スマホ関連病】 浜松医科大学・佐藤美保氏に聞く―Vol. 2

スマートフォン(スマホ)などのデジタルデバイスの使い過ぎが原因と疑われる心身の不調であれば、使用時間を減らすのが改善の早道。しかし、若年者では不調の自覚がないことが多く、指導が難しい場面が多いという。「時流◆スマホ関連病」第2弾、後編では、浜松医科大学眼科(小児眼科)病院教授の佐藤美保氏の考え方と現在可能な治療を紹介する。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・軸丸靖子/2019年5月20日取材、全2回連載)前回の記事『スマホの過度な使用が原因?急性内斜視にどう対応』はこちら眼の異常に無関心な子ど...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞