m3.com トップ > 臨床ニュース > 自動診察室血圧(AOBP)で学会提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

自動診察室血圧(AOBP)で学会提言 家庭血圧の代替指標として推奨せず

2019年7月8日 日本高血圧学会  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

日本高血圧学会はこのほど、自動診察室血圧(AOBP)について、「AOBPを家庭血圧の代替指標として使用することを推奨しない」との提言を公式ホームページに掲載した。同学会作成の「高血圧治療ガイドライン2019」では、国内で広汎に用いられる「家庭血圧」の測定値を指標とした高血圧の診断・治療を推奨しているが、研究の結果、AOBPは家庭血圧とは異なる値を示すことが明らかになったとしている。AOBPとは、患者が医療機関内の医療従事者のいない1人静かな環境下で、自動的に3回続けて血圧を測定するようにプログラ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞