m3.com トップ > 臨床ニュース > 原因不明後天性凝固異常症疑いに特別検査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

原因不明後天性凝固異常症疑いに特別検査 厚労省研究班が協力依頼

日本血栓止血学会はこのほど、厚生労働省研究班の「原因不明の後天性凝固異常症(出血症)疑い症例の特別検査のご案内」を学会ホームページに掲載した。厚生労働省研究班は「原因不明の後天性凝固異常症(出血症)」疑い症例の特別検査を実施しており、「既往歴が無く、出血傾向の家族歴や通常の止血治療に反応しない出血症状を呈する患者」に日常診療で遭遇した場合、同研究班事務局に連絡するよう求めている。具体的に検討したうえで、必要に応じてスクリーニング検査、精密検査など行うとしている。特別検査は、厚生労働科学研究費補助...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞