m3.com トップ > 臨床ニュース > ハートチーム普及で診療科の線引き消える?【時流◆ハートチームで見るチーム医療】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ハートチーム普及で診療科の線引き消える?【時流◆ハートチームで見るチーム医療】 夜久均氏(外科)、渡辺弘之氏(内科)の立場から―Vol. 1

2019年7月9日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患救急その他

ハートチームの総論と実践について語ってもらった、京都府立医科大学心臓血管外科教授の夜久均氏と東京ベイ・浦安市川医療センター・ハートセンター長の渡辺弘之氏。心臓血管外科医と循環器内科医という異なる診療科のお二人に、循環器領域におけるデバイスの進化やハートチームの標準化に伴い「外科と内科の線引きが変わっていくか否か」を聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2019年5月取材、全6回)前回の記事『家族の「治療してほしい」にもチームの強み』はこちら夜久氏「線引きなくさないと、いずれひずみ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞