m3.com トップ > 臨床ニュース > ドクターも実践できる「スマホ首」解消【時流◆スマホ関連病】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ドクターも実践できる「スマホ首」解消【時流◆スマホ関連病】 東京医大・遠藤健司氏、東大病院・上原浩介氏に聞く―Vol. 3

遠藤健司氏スマートフォン(スマホ)などの携帯デバイスによる、心身の不調を取り上げている「時流◆スマホ関連病」の第3弾、整形外科疾患編。Vol.3では、「スマホ首」や「textneck」と呼ばれる首肩痛および周辺症状の解消法を、東京医科大学整形外科准教授の遠藤健司氏に聞いた。診療や調べ物、論文執筆などで長時間動かずにいて、同様の症状が出てしまったドクターにもお勧めだという。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・小島領平/5月16、20日取材、全6回連載)前回の記事『「スマホ首」の患者が受診したら』...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞