m3.com トップ > 臨床ニュース > 「知らないものは見えない」画像診断の基本原則【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「知らないものは見えない」画像診断の基本原則【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年7月17日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

山名大吾氏的確で適切な画像診断のためには、撮影法の特徴をはじめ、さまざまな特性を踏まえておくことが重要だ。虎の門病院放射線診断科部長の山名大吾氏による、初期研修医向け院内講義「画像診断の基本」。Vol.2は「画像診断の原則」を解説する。前回の記事『なぜ読めない?画像診断の落とし穴』はこちら原則を押さえることで「落とし穴」を回避する山名大吾氏ここまで、症例画像を基に画像診断の落とし穴(ピットフォール)を紹介しました(Vol.1参照)。ここからは、特に単純X線写真の見方を中心に、画像診断の基本原則を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞