m3.com トップ > 臨床ニュース > 臨床推論とは「熟練医が日常頭の中でやっているプロセス」【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

臨床推論とは「熟練医が日常頭の中でやっているプロセス」【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 特別編Vol.3

2019年7月26日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

4月に自治医科大学附属さいたま医療センターへ入職した1年目医師に向け、同センター客員教授であるWilfred.Y.Fujimoto氏(米ワシントン州立大学内科名誉教授=写真)が行った特別講義を紹介するm3.com研修最前線「総合回診」シリーズ特別編。後半は、近年わが国でも積極的に講義されるようになった「臨床推論」の意味と実践について。前回の記事『鑑別診断は「その症例」に関係する順に挙げる』はこちら熟練医が日常やっている思考プロセスThenextfewslidesareverycomplicate...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞