m3.com トップ > 臨床ニュース > 意識喪失の経過から出血点を推察する技術【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

意識喪失の経過から出血点を推察する技術【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 特別編Vol.5

52歳男性が腹痛で受診し、膵炎の診断を受けた帰りに駐車場で昏倒した。一時65/30mmHgにまで低下した血圧は搬入後に回復している。この経過から、出血点と原因疾患を推察できるか。同センター客員教授であるWilfred.Y.Fujimoto氏(米ワシントン州立大学内科名誉教授=写真)が自治医科大学附属さいたま医療センターの1年目研修医に向けて語った臨床推論についての基調講義を紹介するm3.com研修最前線「総合回診」シリーズ特別編、最終回。前回の記事『52歳男性が腹痛で受診帰りに昏倒、臨床推論で原...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞