m3.com トップ > 臨床ニュース > 災害や事件被害者への報道に配慮を

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

災害や事件被害者への報道に配慮を 学会が声明、報道過熱に危惧

2019年7月15日 日本精神神経学会  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患救急

日本精神神経学会はこのほど、「災害や事件にあった被害者・関係者に関する報道体制に配慮を求める声明」を学会公式ホームページに掲載した。被害者や関係者では、心的外傷といった精神健康上の影響が生じる場合があり、災害や事件後しばらくの間は回復へ専念することが必要だ。同学会は、報道過熱による、いわゆるメディア・スクラムがその環境を阻害する場合があるとし、特に、個別取材や被害者らが望まない形での取材によって二次被害が深刻化することへの危惧を示した。同学会は、被害者がメディア取材を受けることと心的外傷が関連し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞