m3.com トップ > 臨床ニュース > 日米欧の医師に聞いた「終末期の話し合い、していますか」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日米欧の医師に聞いた「終末期の話し合い、していますか」 ACP・安楽死などに関する国際共同調査―Vol. 1(概要編)

高齢者の増加や医療の進歩に伴い、「人生の終わり方」「良い死」について考えることを避けては通れなくなっている。一方、診療現場や日常生活では、そうした話題を十分に話し合う機会の不足が指摘されている。m3.comでは、終末期の患者に遭遇することが比較的多い診療科に従事する国内の会員医師204人、ならびにグループ会社であるM3GlobalResearchの米国、英国、スイスのパネルに登録された医師計511人を対象に、調査を実施。終末期医療やアドバンス・ケア・プランニング(ACP)、安楽死などに対する考え...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞