m3.com トップ > 臨床ニュース > “エビデンスを創る”ために実践したいこと【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

“エビデンスを創る”ために実践したいこと【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年8月14日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

高野利実氏虎の門病院臨床腫瘍科部長・高野利実氏が解説するオンコロジーの現状と未来。最終回は、研究とエビデンスの重要性、これからの医師に目指してほしい心構えなどについて解説する。前回の記事『名前だけの腫瘍内科はいらない』はこちらエビデンスとは創るもの高野利実氏改めて説明するまでもなく、「エビデンス」とは、治療方針の根拠となるものです。これは、患者さんと医療者とのいわば共通言語であり、最善の医療を目指すためのツールです。しかし、これからの医療者には、今あるエビデンスを使いこなすことはもちろんのこと、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞