m3.com トップ > 臨床ニュース > アドバンス・ケア・プランニングの本質は「対話」【寄稿◆いのちとは誰のものか】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アドバンス・ケア・プランニングの本質は「対話」【寄稿◆いのちとは誰のものか】 ACP・安楽死などに関する国際共同調査―Vol. 1(考察編)

編集部からアドバンス・ケア・プランニング(ACP)や安楽死などについて、日本を含む4カ国で行われた医師の意識調査。Vol.1の「概要編」では「終末期の話し合いの頻度」と「終末期の話し合いで何を優先して話し合うべきと考えているか」について紹介しました。「考察編」では、企画の監修者である西智弘氏(川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科/緩和ケア内科医長・一般社団法人プラスケア代表理事)に調査結果を考察してもらいました。Vol.1「概要編」はこちらはじめにVol.1の「概要編」は「終末期の話...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞