m3.com トップ > 臨床ニュース > 第18回 経口GLP-1アナログ製剤のエビデンス登場:ゆるゆるの判定基準

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第18回 経口GLP-1アナログ製剤のエビデンス登場:ゆるゆるの判定基準 糖尿病・代謝 能登 洋(聖路加国際病院)

今回扱う論文OralSemaglutideandCardiovascularOutcomesinPatientswithType2Diabetes1)NEnglJMed.2019Jun11.doi:10.1056/NEJMoa1901118.[Epubaheadofprint]はじめにGLP-1アナログ注射製剤の心血管アウトカム試験が近年続出していますが(表1、第3回、第9回、第17回参照)、いよいよ経口剤のエビデンスも登場しました。注射製剤と同等の臨床的効果が望めるのなら、糖尿病治療薬としての...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞