m3.com トップ > 臨床ニュース > 「認知症予防の狙いは社会保障費抑制」も間違い【時流◆認知症“予防”の誤解】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「認知症予防の狙いは社会保障費抑制」も間違い【時流◆認知症“予防”の誤解】 有識者会議メンバー・山口晴保氏に聞く―Vol. 2

2019年8月7日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

6月18日に政府が公表した「認知症施策推進大綱」の有識者会議構成員、山口晴保氏(認知症介護研究・研修東京センター・センター長)へのインタビュー第2回。大綱に認知症との「共生」に加え、「予防」が盛り込まれたことに対し、「社会保障費の抑制が狙い」や「認知症への偏見を助長する」といった社説や関係者の意見も報道された。山口氏はこれらも誤解に基づく報道が関係していると話す。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2019年7月取材、全3回連載)前回の記事『「認知症6年で6%減少」が消えた本当の理由』...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞