m3.com トップ > 臨床ニュース > スマホ使った糖尿病腎症管理ツールの実力は?【糖尿病学会2019】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

スマホ使った糖尿病腎症管理ツールの実力は?【糖尿病学会2019】

2019年8月15日 MMJ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

第62回日本糖尿病学会年次学術集会(会長・山田祐一郎秋田大学大学院医学系研究科内分泌・代謝・老年内科学講座教授)が5月23~25日、仙台市内で開かれ、23日にはシンポジウム4「スマホを活用した糖尿病療養指導の最前線-PHR(PersonaHealthRecord)の介入効果-」があった。東京大学大学院医学系研究科健康空間情報学講座の脇嘉代特任准教授は「糖尿病腎症に対する自己管理支援ICTシステムの有効性に関するランダム化比較試験」と題して発表し、自己管理支援システム「DialBeticsPlus...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞