m3.com トップ > 臨床ニュース > ACP普及には「ACPの日常会話化」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ACP普及には「ACPの日常会話化」 ACP・安楽死などに関する国際共同調査―Vol. 3(考察編)

Vol.3「概要編」はこちらはじめにVol.3はアドバンス・ケア・プランニング(ACP)について。医師が自ら「家庭医とACPを行いたいか」という質問に対しては、米国、英国、日本、スイスで異なる傾向が見られました。これらの国で家庭医制度の違いなどが回答の違いに影響している可能性があるが、その米国でも実際にはACPの実践は不十分だと指摘されています。ACPの歴史を振り返ったとき、事前指示書を作成するだけの方法では、患者の意思が方針に反映されないという失敗から、「対話とプロセスを重視する」というACP...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞