m3.com トップ > 臨床ニュース > 臨床医が知っておくべき身近なドーピングリスク【東京オリパラ目前◆ドーピング】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

臨床医が知っておくべき身近なドーピングリスク【東京オリパラ目前◆ドーピング】 早稲田大学・赤間高雄氏に聞く―Vol. 1

アンチ・ドーピング規則違反者の摘発が後を絶たない。ドーピングはオリンピック・パラリンピックに限らず、華々しいスポーツ界が抱える“陰”の部分であり、解決に向けて一般臨床医の意識向上が望まれている。早稲田大学スポーツ科学学術院教授の赤間高雄氏に、アンチ・ドーピングの現状や、検査対象者を診療する際の一般臨床医としての心得などを聞いた。(m3.com編集部/2019年7月17日取材、全4回連載)前回のシリーズはこちら興奮薬による死亡事故が発端――そもそもスポーツ界において、特定薬物の使用を禁止するドーピ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞