m3.com トップ > 臨床ニュース > 低リン血症の診断は数値を適切に読み解くこと【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

低リン血症の診断は数値を適切に読み解くこと【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年8月28日 研修最前線  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患

竹内靖博氏虎の門病院が初期研修医を対象に実施している「研修医向け院内合同セミナー」。第2回は、マグネシウム欠乏と低リン血症の鑑別について解説する。前回の記事『カルシウム・リン代謝疾患、診断の基礎』はこちらマグネシウム欠乏の影響竹内靖博氏ここまで、骨・カルシウム(Ca)代謝異常症を正確に診断するための基本についてお話ししました(Vol.1参照)。次に、マグネシウムの話題を補足した上で、押さえるべき点の最後の項目、低リン血症を読み解くための注意点に触れていきます。副甲状腺ホルモンが役割を果たせない先...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞