m3.com トップ > 臨床ニュース > 原因不明の高Ca血症、どう診断する?【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

原因不明の高Ca血症、どう診断する?【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年9月4日 研修最前線  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患

内分泌センターの竹内靖博氏による「カルシウム・リン骨代謝異常症の診断と治療」。第3回は「原因不明の高カルシウム血症の診断」について、症例を基に解説する。前回の記事『低リン血症の診断は数値を適切に読み解くこと』はこちら原因不明の高Ca血症竹内靖博氏ここまで、日常的に遭遇する骨・カルシウム(Ca)代謝異常症を正確に読み解くためのさまざまなポイントをご紹介してきました(Vol.1、Vol.2参照)。しかし、なかには、なぜそのような状態になっているのか簡単には判断できないような症例もあります。ここでは、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞