m3.com トップ > 臨床ニュース > 禁止物質がどうしても治療に必要なとき【東京オリパラ目前◆ドーピング】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

禁止物質がどうしても治療に必要なとき【東京オリパラ目前◆ドーピング】 早稲田大学・赤間高雄氏に聞く―Vol. 3

アンチ・ドーピング活動について造詣の深い早稲田大学スポーツ科学学術院教授の赤間高雄氏に、主な禁止物質など「臨床医として知っておくべきドーピングの知識」を聞いてきた。今回は、対象者の疾患の治療に禁止物質がどうしても必要になったときの対処法「治療使用特例(TherapeuticUseExemption;TUE)」申請のポイントを中心に紹介する。(m3.com編集部/2019年7月17日取材、全4回連載)前回の記事『禁止物質のほぼ全てが臨床で使用する医薬品』はこちらTUEの申請条件とは――各薬物の半減...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞