m3.com トップ > 臨床ニュース > 在宅児ときょうだいの予防接種で学会要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

在宅児ときょうだいの予防接種で学会要望 在宅小児かかりつけ医の訪問診療で接種を

2019年8月26日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患感染症その他

日本小児科学会はこのほど、日本医師会に対し、「在宅で医療的ケアを必要とする児及びその同胞に対する定期予防接種の実施に関する要望書」を提出した。在宅で医療的ケアを必要とする児(在宅児)とそのきょうだいが、在宅小児医療に従事する医師(在宅小児かかりつけ医)の訪問診療時に安心して負担なく定期予防接種を受けられるよう、実施主体である市町村への働き掛けを要望している。現状では、そのように保護者が希望しても、定期予防接種を認めないという市町村が存在するとしている。現状として、在宅児の一部は居住地と異なる市町...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞