m3.com トップ > 臨床ニュース > 成人と異なる小児のネフローゼ症候群、診断の実際【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

成人と異なる小児のネフローゼ症候群、診断の実際【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.75_2

自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント2年目の蓮沼潤氏が経験した症例を基に、小児ネフローゼ症候群の診療について知識をアップデートするm3.com研修最前線「総合回診」シリーズ第75弾。腎生検を行える場面が限られる小児での診断と治療のポイントとは。前回の記事『ネフローゼ症候群、10歳児への診断と治療』はこちらネフローゼ症候群の診断基準は成人と小児で異なる蓮沼潤氏(以下、蓮沼)小児のネフローゼ症候群について調べましたので報告します。ネフローゼ症候群とは、大量の蛋白尿、低アルブミン血症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞