m3.com トップ > 臨床ニュース > 大腸癌治療指針の医師用2019年版を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

大腸癌治療指針の医師用2019年版を公開 大腸癌研究会、7CQを新規追加

2019年9月3日 大腸癌研究会  カテゴリ: 消化器疾患

大腸癌研究会はこのほど、「大腸癌治療ガイドライン医師用2019年版」を公式ホームページで公開した。同ガイドライン(GL)は2016年版を改訂したもの。主に総論、各論、クリニカルクエスチョン(CQ)で構成され、CQについては、内視鏡治療後の経過観察や直腸癌における側方郭清の適応に関するものなど7項目が新規追加されている。CQでは、「早期大腸癌の内視鏡的切除後にサーベイランスは推奨されるか?」「直腸癌に対して側方郭清は推奨されるか?」「StageIII結腸癌に術後補助化学療法は推奨されるか?」「薬物...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞