m3.com トップ > 臨床ニュース > 医師の腰痛の実態は?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

医師の腰痛の実態は? m3.com意識調査『「腰痛診療・腰痛経験」を教えてください』―Vol. 1

直立・二足歩行する人間の宿命ともいわれる「腰痛」。m3.com会員医師を対象に、自身の腰痛経験、診療内容などを調査した。第一弾は自身の腰痛の頻度と患者の治療で最も重視することについて。(m3.com編集部・坂口恵)Q.ご自身の腰痛の経験頻度を教えてください「ほぼいつも」は14.7%、「しばしば」が41.2%で残りは「ほとんどない」と回答。デスクワーク中心の会社員よりも業務中に身体活動をする頻度が多いためか、多忙で痛みを自覚しにくいのか、調査前の予想に比べ「ほとんどない」が3つの選択肢のうち、最多...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞