m3.com トップ > 臨床ニュース > 第4回 米国における股関節鏡視下手術の急速な広がりと問題点

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第4回 米国における股関節鏡視下手術の急速な広がりと問題点 整形外科 執筆:福島健介(北里大学) 監修:竹下克志(自治医科大学)

今回扱う論文TrendsinutilizationandoutcomesofhiparthroscopyintheUnitedStatesbetween2005and2013TheJournalofArthroplasty2017;32:750-755はじめに股関節は解剖学的に、周囲を厚い軟部組織に覆われて深部に存在し、観血的な関節内操作には大きな侵襲が伴います。したがって、鏡視下手術が非常に有利な関節と言えます。一方で、他の関節と比較して関節鏡を挿入するスペースが非常に狭く、その手技は非常に難...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞