m3.com トップ > 臨床ニュース > 緊急性低い慢性腰痛には「痛くても動きましょう」【時流◆腰痛診療update】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

緊急性低い慢性腰痛には「痛くても動きましょう」【時流◆腰痛診療update】 腰痛GL策定委員長・白土修氏に聞く―Vol. 2

腰痛治療における安静や活動性維持の必要性については、複数のランダム化比較試験(RCT)を含む論文もあるなど、研究・臨床上の関心が高い部分でもある。『腰痛診療ガイドライン2019改訂第2版』策定委員長で福島県立医科大学会津医療センター附属病院副院長の白土修氏は、重篤な疾患の疑い少ない慢性腰痛には「痛くても動きましょう」と指導しているとのことだ。その理由も併せて聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2019年6月取材、全4回連載)前回の記事『腰痛初診で留意すべき3つの重大疾患』はこち...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞