m3.com トップ > 臨床ニュース > 「循環器薬の意義は同じままではない」示したAFIRE試験【時流◆ESC2019ピックアップ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「循環器薬の意義は同じままではない」示したAFIRE試験【時流◆ESC2019ピックアップ】 筆頭著者・安田聡氏へのインタビュー―Vol. 1

欧州心臓病学会の2019年年次学術集会(ESC2019、8月31日-9月4日、世界心臓病学会年次学術集会と同時開催)がパリで始まった。2019年8月12日にESCから発表されたプレスリリースのタイトルは“Cardiovascularmedicinewillneverbethesame”(循環器用薬の位置付けは決して同じままではない)。この意味深長なタイトルの一翼を担うのは、日本で行われたAFIRE(AntithromboticTherapyforAtrialFibrillationwithSta...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞