m3.com トップ > 臨床ニュース > 「慢性」冠症候群GLを発表【時流◆ESC2019ピックアップ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「慢性」冠症候群GLを発表【時流◆ESC2019ピックアップ】 大気汚染と騒音の心血管リスクに初めて言及

2019年9月5日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患神経内科疾患救急その他

欧州心臓病学会の2019年年次集会(ESC2019)は8月31日、慢性冠症候群(chroniccoronarysyndrome;CCS)ガイドラインを発表した。安定冠動脈疾患を含む新たな疾患概念としてCCSを提唱した他、心血管危険因子として初めて大気汚染と騒音に言及。政策や規制による改善が重要との推奨を示した。ガイドラインは同学会公式サイトで無償公開されている。(m3.com編集部・坂口恵)前回の記事『糖尿病とCVD指針、メトホルミンの推奨大きく後退』はこちら安定冠動脈疾患を包含する新概念ガイド...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞