m3.com トップ > 臨床ニュース > 全身麻酔装置用吸入麻酔薬用気化器で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

全身麻酔装置用吸入麻酔薬用気化器で注意喚起 ドレーゲル社製、フレッシュガス濃度低下の恐れ

2019年9月5日 日本麻酔科学会  カテゴリ: 一般外科疾患その他

日本麻酔科学会はこのほど、ドレーゲル社の全身麻酔装置用吸入麻酔薬用気化器に関する報告書を同学会ホームページに掲載した。報告書では、プラグインアダプター・コネクターが正しく接続されていない場合にフレッシュガスの濃度低下の恐れがあるとして、同製品の取り付け方法や注意事項を確認し、正しく接続するよう注意喚起している。ドレーゲル社製の全身麻酔装置用吸入麻酔薬用気化器は、一部を除いてプラグイン式アダプター・コネクターを採用している。プラグインアダプター・コネクターが正しく接続されていない場合、リークが発生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞