m3.com トップ > 臨床ニュース > TEC6プラス気化器デスフルランに再注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

TEC6プラス気化器デスフルランに再注意喚起 「複数の施設で同様の事例」が発生

2019年9月5日 日本麻酔科学会  カテゴリ: 一般外科疾患その他

日本麻酔科学会はこのほど、GEヘルスケア社の「TEC6プラス気化器デスフルラン」の不良発生に関する報告書の更新情報を学会ホームページに掲載した。同機器による麻酔中に、麻酔ガスとフレッシュガスの流量調整に異常を来す事例が発生している。複数の施設で同様の事例発生の報告があるとし、同機器使用中に上記のような事例が発生した場合は、気化器をOFFにして、患者が安全な状態を維持できる吸入器と代替えの麻酔手段を考慮するよう注意を呼びかけている。対象となる機器は、TEC6プラス気化器デスフルランの使用年数3年(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞