m3.com トップ > 臨床ニュース > 安楽死に対する国際比較で窺える各国の議論の成熟度【寄稿◆いのちとは誰のものか】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

安楽死に対する国際比較で窺える各国の議論の成熟度【寄稿◆いのちとは誰のものか】 ACP・安楽死などに関する国際共同調査―Vol. 4(考察編)

Vol.4「概要編」はこちらはじめにVol.4は安楽死について。「自分の勤務する地域で安楽死が選択肢として認められることが望ましいと考えるか」との質問については、既に安楽死が実行されているスイスでは高く、その次に米国、そして日本、英国では「望ましくない」と考える医師が多かったことは、各国で今現在、安楽死がどのような実施または議論の状況にあるのかを反映しているように思われました。中でも、日本においては、安楽死やそれにまつわる話し合いの環境について、実践どころか概念についての議論すら成熟しておらず、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞