m3.com トップ > 臨床ニュース > 乾癬性関節炎にチルドラキズマブが有望【EULAR2019】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乾癬性関節炎にチルドラキズマブが有望【EULAR2019】

2019年9月6日 MMJ  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患皮膚疾患

Mease氏欧州リウマチ学会(EULAR2019)が6月12~15日、スペイン・マドリードで開催され、12日のオープニング・プレナリーセッションでは、IL-23モノクローナル抗体であるチルドラキズマブ(TIL、本邦未承認)の乾癬性関節炎(PsA)に対する有効性と安全性を検証する第IIB相試験の結果について、スウェーデン医療センター・セントジョセフヘルス校のPhilipMease氏が発表。プラセボに対して、PASI(PsoriasisAreaSeverityIndex)90およびACR(Ameri...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞