m3.com トップ > 臨床ニュース > 新開発の小型神経刺激装置でRAが改善【EULAR2019】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新開発の小型神経刺激装置でRAが改善【EULAR2019】

2019年9月12日 MMJ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患整形外科疾患

Genovese氏欧州リウマチ学会(EULAR2019)が6月12~15日、スペイン・マドリードで開催され、15日のレイトブレイキングセッションでは、関節リウマチ(RA)患者に対する埋め込み型の迷走神経刺激装置の安全性と有効性を検討した初の臨床試験の結果が発表された。米スタンフォード大学医学部のMarkGenovese氏は「新たに開発した小型の神経刺激装置(MicroRegulator:MR)により、RA患者の症状を改善できることが確認された。今回のパイロット試験の結果は、実用化に向けたより大き...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞