m3.com トップ > 臨床ニュース > 予防的ICDの運転禁止の遵守率【時流◆ESC2019ピックアップ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

予防的ICDの運転禁止の遵守率【時流◆ESC2019ピックアップ】 「治療で延びた人生」の気掛かりを追跡した研究―その1

欧州心臓病学会の2019年年次集会(ESC2019)で、薬剤やデバイスの有用性に関する数多の発表の中で独特の存在感を放っていたのが、治療を受けた後の療養生活の在り方を考えさせられる3件の発表だった。医療の進歩で良くなる患者が増えたからこその、新たな問題かもしれない。第1弾では、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)後の予防的な植え込み型除細動器(ICD)使用患者の自動車運転に関するデンマークの国民コホート研究。発表によると、3分の1近くが医師の禁止に反して、治療後に運転を再開していたとのことだ。(m3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞