m3.com トップ > 臨床ニュース > 腰痛診療GLにおける非薬物療法の考え方【時流◆腰痛診療update】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腰痛診療GLにおける非薬物療法の考え方【時流◆腰痛診療update】 GL策定委員長・白土修氏に聞く―Vol. 4

2019年9月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患整形外科疾患その他

2019年5月に発行された『腰痛診療ガイドライン2019改訂第2版』について、「腰痛を単なる筋・骨格系の疾患ではなく、心理社会的因子や環境要因を含め診療するとの考え方が広まってきている」と話す改訂ガイドライン(GL)策定委員長の白土修氏(福島県立医科大学会津医療センター附属病院副院長)。非薬物療法に関する推奨と臨床上の課題、徒手療法やヨガなどを含む代替療法に対するGLの立場を聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2019年6月取材、全4回連載)認知行動療法、普及の課題――改訂GL...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞