m3.com トップ > 臨床ニュース > 大腿骨近位部骨折と腰痛への対応【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

大腿骨近位部骨折と腰痛への対応【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年11月6日 研修最前線  カテゴリ: 整形外科疾患

福島成欣氏虎の門病院整形外科医長・脊椎センターセンター長の福島成欣氏による「今日から使える!整形外科当直マニュアル」。第3回は、高齢者に多い大腿骨近位部骨折や腰痛への対応。帰宅させてはいけない骨折や腰痛の見分け方を解説する。前回の記事『当直で骨折例、外固定はギプスかシーネか』はこちら大腿骨近位部骨折福島成欣氏これまで、診察の手順(第1回参照)、そして骨折を診たらどのように処置をして帰っていただくかについてお話ししてきました。シーネを巻いて関節を固定して、必ず整形外科を再受診するようお話しして帰っ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞