m3.com トップ > 臨床ニュース > SSI防止のために今日からできること【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

SSI防止のために今日からできること【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年11月13日 研修最前線  カテゴリ: 整形外科疾患

福島成欣氏虎の門病院整形外科医長・脊椎センターセンター長の福島成欣氏による「今日から使える!整形外科当直マニュアル」。最終回は、救急の対応から離れ、手術部位感染(SSI)を防ぐ方法について。ときに生命を脅かすSSIを防ぐために、医師ができる心掛けを解説する。前回の記事『大腿骨近位部骨折と腰痛への対応』はこちら手術部位感染(SSI)を防ぐ意義福島成欣氏私は現在、脊椎センターに在籍していますので、脊椎の手術をよく行っています。その際、当然すべきことは合併症の防止です。最終章は当直マニュアルからはやや...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞