m3.com トップ > 臨床ニュース > 安楽死の希求はがん以外でも妥当か【寄稿◆いのちとは誰のものか】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

安楽死の希求はがん以外でも妥当か【寄稿◆いのちとは誰のものか】 ACP・安楽死などに関する国際共同調査―Vol. 6(考察編)

Vol.6「概要編」はこちらはじめに最終回のVol.6は「がん以外の病態において安楽死の希求は肯定されるか」という点についてです。今回のケースは、1991年の東海大安楽死事件で提示された、違法性阻却事由の4要件を満たしておらず、実際には安楽死は難しいと考えられます。しかし、安楽死が行われている各国においては、これらに近い状況での安楽死は行われているのが現状です。がん以外の疾患においては、日本における緩和ケアの標準化は進んでいないものも多く、緩和ケアに到達できないが故に、安楽死を希求するといったこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞