m3.com トップ > 臨床ニュース > アトピーのアドヒアランスを上げるには【小児臨床アレルギー学会2019】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アトピーのアドヒアランスを上げるには【小児臨床アレルギー学会2019】

2019年9月20日 MMJ  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患皮膚疾患

第36回日本小児臨床アレルギー学会(会長・土生川千珠独立行政法人国立病院機構南和歌山医療センターアレルギー科)が7月27、28日、和歌山市内で開かれ、27日には共催シンポジウム2「PAEからAEへ成人科から見た小児アレルギー疾患の診療への期待」があった。京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学の加藤則人教授は「成人期アトピー性皮膚炎」と題して発表し、「寛解を維持するツールとして薬物療法があると患者に伝えることが重要」とまとめた。(MMJ編集長・吉川学)ゴールを段階的に示して治療成果を賞賛すべき加...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞