m3.com トップ > 臨床ニュース > ニトリル製手袋でステロイドの効果向上か【小児臨床アレルギー学会2019】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ニトリル製手袋でステロイドの効果向上か【小児臨床アレルギー学会2019】

2019年9月23日 MMJ  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患皮膚疾患

第36回日本小児臨床アレルギー学会(会長・土生川千珠独立行政法人国立病院機構南和歌山医療センターアレルギー科)が7月27、28日、和歌山市内で開かれ、27日には最優秀賞候補演題の口演があった。西藤小児科こどもの呼吸器・アレルギークリニック(滋賀県守山市)の西藤成雄院長は「小児の難治性手指湿疹におけるニトリルグローブによる閉鎖密封の試み」と題して発表し、「小児の難治性手指湿疹に対して同一の外用ステロイド薬を使った場合でも、就寝時にニトリル製グローブを装着した方が効果が高まった」と述べた。(MMJ編...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞