m3.com トップ > 臨床ニュース > おきて2 必要な培養検査を採り、グラム染色を依頼しよう

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

おきて2 必要な培養検査を採り、グラム染色を依頼しよう グラム染色は「技師さんに頼んで報告書だけ読む」ではNG

前回の記事『おきて①患者の重症度を把握しよう(後編)』はこちら抗菌薬を開始する前に、必要なのが適切な培養採取なぜか?培養検査は感染症の原因になっている菌……主には細菌ですが、ときに真菌も……を見つけ、薬剤感受性検査で正しい抗菌薬を選択するのに必要です。これがなければ何が正しくて、何が間違っているのかがわかりません。こりゃ、気持ち悪いわけです。たしかに、培養を採らないで抗菌薬を使っても「まぐれで」よくなってしまう人はいるでしょう。でも、その抗菌薬で例えば副作用が出てしまったとしましょう...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞