m3.com トップ > 臨床ニュース > 第18回 病院の質改善プログラムで患者の予後は改善するか

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第18回 病院の質改善プログラムで患者の予後は改善するか 執筆:笹渕裕介(自治医科大学)、監修:康永秀生(東京大学)

2019年9月25日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 一般内科疾患

今回扱う論文AssociationofHospitalParticipationinaQualityReportingProgramWithSurgicalOutcomesandExpendituresforMedicareBeneficiariesJAMA2015;313:496-504論文の概要近年、病院の質を評価することで患者のアウトカムを改善させようというさまざまな試みが行われています。米国外科学会が主導する手術の質改善プログラム(AmericanCollegeofSurgeonsNat...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞