m3.com トップ > 臨床ニュース > 風邪の処方で「抗菌薬」、咳止め、解熱剤に次いで第3位の多さ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

風邪の処方で「抗菌薬」、咳止め、解熱剤に次いで第3位の多さ AMRリファレンスセンター「抗菌薬意識調査2019」

過去1年間に風邪をひいて医療機関を受診した人の52.5%が、抗菌薬を処方されていた――。9月24日、東京都内で開かれた薬剤耐性(AMR)対策メディアセミナーで、国立国際医医療研究センターAMR臨床リファレンスセンター情報・教育支援室長の具芳明氏が明らかにした。(m3.com編集部・坂口恵)咳止め、解熱剤に次いで第3位具氏らは2019年8月、10歳代-60歳代の男女688人を対象にインターネット調査を実施。「過去1年間に風邪をひいて医療機関を受診したか」との問いに40.4%の人が「はい」と回答した...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞