m3.com トップ > 臨床ニュース > 五輪前のダニ媒介感染症対策を提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

五輪前のダニ媒介感染症対策を提言 日本紅斑熱とSFTSの強化サーベイランスを

2019年9月27日 日本学術会議  カテゴリ: 皮膚疾患救急

日本学術会議はこのほど、「日本紅斑熱・SFTSなどのダニ媒介感染症対策に関する緊急提言」を公式ホームページに掲載した。同提言では、2020年東京五輪・パラリンピックの開催地などで、来日外国人らがダニ媒介感染症に感染しうることを指摘。日本紅斑熱と重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の2疾患に絞り、ダニ類の生息状況を調査・確認するための強化サーベイランスを実施することなどを訴えている。同会議は、大会の開催地・キャンプ地および招致地域とその周辺には雑草・草むらが多い地域があり、ダニ媒介感染症への感染機...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞