m3.com トップ > 臨床ニュース > ラニチジン塩酸塩の新規出荷を停止

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ラニチジン塩酸塩の新規出荷を停止 発癌性物質の検出に伴い、厚労省が指示

医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)が、ヒスタミンH2受容体拮抗薬であるラニチジン塩酸塩の製剤と原薬から発癌性物質のN‐ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出されたと発表したことに伴い、厚生労働省が発出した対応などに関する通知をホームページに掲載した。同通知では、国内の製造販売事業者に対し、ラニチジン塩酸塩などの分析とその結果が明らかになるまでの間、ラニチジン塩酸塩の新たな出荷を行わないよう指示している。同通知では、ラニチジン塩酸塩また...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞