m3.com トップ > 臨床ニュース > おきて4 腎機能をチェックしよう

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

おきて4 腎機能をチェックしよう マニュアルが手元にないときの抗菌薬投与量決定法

前回の記事『おきて③血液培養の採り方を知ろう。カテ先培養は原則禁忌』はこちら多くの抗菌薬は腎臓から排出されます。ときに糸球体から濾過され、ときに尿細管から分泌され、ときにその両方が起きます。こうした抗菌薬は、腎機能が下がると、排出されにくくなります。当たり前ですね。なので、腎機能が低下している患者では量の調節が必要になることがあります。よって、腎機能のチェックは必須ということです。ところで、腎排泄性と腎毒性は同義ではありません。例えば、抗真菌薬のアムホテリシンBは肝臓から排出されるの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞