m3.com トップ > 臨床ニュース > 研修医が押さえるべき白血病治療の基本【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

研修医が押さえるべき白血病治療の基本【研修最前線】 虎の門病院「初期研修医向け院内合同セミナー」

2019年10月9日 研修最前線  カテゴリ: 血液疾患

内田直之氏虎の門病院血液内科の内田直之氏による「初期研修医向け院内合同セミナー」での講義「研修医が押さえるべき白血病治療の基本」。第2回は、造血幹細胞移植の経過や、急性前骨髄球性白血病のレチノイン酸症候群について解説する。前回の記事『救急外来に血液疾患患者、注意すべきこと』はこちら造血幹細胞移植の経過内田直之氏ここからは、救急外来の話からは少し遠くなりますが、血液内科のローテンションで役立つような知識をご紹介します。急性白血病の治療は、化学療法が基本です。化学療法で治癒しない方には、骨髄、末梢血...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞