m3.com トップ > 臨床ニュース > 血液疾患治療の未来と展望【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

血液疾患治療の未来と展望【研修最前線】 虎の門病院「初期研修医向け院内合同セミナー」

2019年10月16日 研修最前線  カテゴリ: 血液疾患救急

内田直之氏虎の門病院血液内科の内田直之氏による初期研修医向けセミナー「研修医が押さえるべき白血病治療の基本」。最終回では、分子標的薬によって一気に進化した白血病治療の現状や、次なる新薬とその展望を紹介する。前回の記事『研修医が押さえるべき白血病治療の基本』はこちら血液疾患も免疫療法で治療する時代に内田直之氏ここからは、血液疾患診療にまつわる最新の話題をご紹介します。先ほど分子標的薬の開発とその使用によって血液疾患の治療が非常に進歩したとお話ししましたが、特にレチノイン酸(ATRA)に続く形で時代...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞