m3.com トップ > 臨床ニュース > 虫垂切除の救急医療管理加算1で通知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

虫垂切除の救急医療管理加算1で通知 社会保険診療報酬支払基金、入院当日の手術で

社会保険診療報酬支払基金はこのほど、入院当日の虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)を実施した患者に対し、救急医療管理加算1の算定を認めるとする審査情報提供検討委員会の第21次審査情報提供事例(医科)を公表した。算定理由としては、入院時の臨床所見では、膿瘍を伴うものかどうか判断が付かないため、入院当日に虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)を実施した患者では、救急医療管理加算1の対象となる患者の状態のうち「ケ緊急手術、緊急カテーテル治療・検査又はt-PA療法を必要とする状態」の患者に該当する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞