m3.com トップ > 臨床ニュース > HIF発見のグループの受賞に南学氏「いつかは取ると思っていた」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HIF発見のグループの受賞に南学氏「いつかは取ると思っていた」 東京大・南学正臣氏のコメント

スウェーデン・カロリンスカ研究所は10月7日、2019年のノーベル医学生理学賞を米ハーバード大のWilliamG.Kaelin,Jr氏、英オックスフォード大のSirPeterJ.Ratcliffe氏、米ジョンズホプキンス大のGreggL.Semenza氏へ授与することを発表した。受賞理由は「細胞の酸素感知と応答の仕組みの解明」。Kaelin,Jr氏らの研究成果は、2019年9月に1剤目が承認された腎臓領域の新クラス薬HIF(hypoxia-Induciblefactor:低酸素誘導性因子)刺激薬...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞